レーシックとウェーブフロントのヒミツ

レーシックとウェーブフロントのヒミツ

包茎と言うと、なんだか恥ずかしい、人には言えない、

という雰囲気満々の不思議なものです。

まあおちんちんという男性のシンボルであり、同時に

見られると一番恥ずかしい(そうでない人もいますが・・)

部分なところがそういう状況にさせているのでしょう。

 

包茎治療包茎手術だって、例えば指や足を怪我して治療や

手術をすることになった時と、何が違うか?と言えば、

やはりその箇所を見られる恥ずかしさがある違いでしょう。

 

そのためか、包茎に関する認識間違いというのも結構あります。

真性包茎、仮性包茎、カントン包茎と種類があることさえ、

あまりわからず、単に皮が少しでもかぶっていたら包茎?くらいに

思っている人も少なくないでしょう。

 

インターネットを見ていると、仮性包茎は包茎に入らないと

書いているところもありました。

 

包茎治療包茎手術も、包茎の状態が同じであっても、その人の

性生活などを含めて必要か不必要かが変わってくるため、

やる人がいれば、やらない人もいるってことです。

 

このような情報不足による認識違いこそが、包茎の一番の

問題なのでしょう。

歯を白くしたいと思ったら、歯科にいかずに自分でできることはないでしょうか。

市販のホワイトニングセットでもかなり、歯科に近い仕上がりができるようになりました。

しかし、やはり熊本市 歯科でホワイトニングをやってもらうのが近道ですね。

安物買いの銭失いという言葉があるように 自分で安く上げようといろいろちょこちょこ買っていくと チリも積もればじゃないですが かえって高くついたりするかもしれません。

面接の前や お見合いの前 同窓会の前などにやっておくと自信を持って「ハイ チーズ」と笑えますよね。

歯科により値段に上下はありますが 大体50000円程度のところが多いようです。

安くても 効果がなければ それは無駄金に他ならず きちんとお金をかけることで自分への自信にもなりますよね。

乳歯がなかなか抜けない。

これは あごがせまく抜けるスペースもないのが原因。

サイズの小さな乳歯ですら 抜けられらないくらい歯間がないと 永久歯はけして綺麗に並ばない。

あんまりにも 歯の状態が悪いと札幌市中央区 歯科に行くのを躊躇してしまいます。

私はとても歯にコンプレックスがあるので そういう気持ちは非常によくわかります。

あまりにも虫歯があったり、歯石がたまっている、歯並びが悪いと歯を見られたくないと思ってしまうんですよね。

ちなみに 私は同様の理由で美容室もキライです。

癖毛で 若いころは剛毛でそれはそれで コンプレックスでしたし 今は年齢相応の薄毛でそれも嫌なものです。

もちろん 年に1回くらいしか行かないので 前髪は自分で切ります。

だから それがおかしなことになっているとやはりそれも指摘されるので 嫌なんです。

そういった意味では美容室と 歯科は似ている。

まず顔がやたらに接近するところと コンプレックスのあるところを人に見られるところとか。

松田 聖子が二人続けて歯科医と結婚したが、彼女曰く口の中を見られるのは裸をみられるより 恥ずかしいのだとか。

天下の松田 聖子を持ってしても 完璧に仕上げられない口の中は奥が深い。

せっかく歯科で高いお金を出して、

歯列矯正をしたというのに後悔している人がいます。

 

もちろん歯科で、かみ合わせが却って悪くなったり、

結果的によくないこともあるのでしょうが、本人の気質も大いにあるのではないでしょうか?

 

歯科に限らず何かにつけ「後悔癖」というようなものがある人がいるようで。

 

たとえば新車や、新しい家電製品を買ってもあとで新製品が出たり、

別の選択肢に気づいたりすると、ずるずると後悔をしてしまうのです。

 

もっといえば 結婚生活やら、入学した学校、入社した会社にまで

常にありとあらゆる不満を抱いて一生を過ごします。

 

「隣の芝生は青い」し、「青い鳥」を一生追いかけるのです。

 

そういうタイプの人に共通していえるのは、

「あまり事前に質問をしない」ということがあります。

 

きちんと納得いくまで説明を受け、わからないことは自分で帰って、

WEBで調べるのではなく、直接質問することが大切です。

 

その場で質問が浮かばなくて、家に帰ってからあれやこれや疑問点が沸いてきたら、

沸いた瞬簡にメモをし、次回必ずぶつけてみましょう。

 

調べた津市 歯科で良かった所を、

まとめました。

怖いのは酸蝕歯です。

 

健康のために、と黒酢を飲むのがブームですが、

気をつけないと酸が歯を溶かしてしまう恐れがあります。

 

もっと健康に、美しくなりたいと思って飲んでいて、

不健康に不細工になってしまっては元も子もありません。

 

余計な話ですが、ちゃんと薄めないと胃にもよくないですよ。

 

娘が歯科に買わされた歯ブラシがとても変わっています。

 

もう中三にもなると 仕上げ磨きするというわけにもいかず

、本人に任せています。(当たり前ですが)

 

やはり、磨き残しがあるようで、

歯科に行くたび歯科の先生から「きちんと磨くこと!」と注意されています。

 

そういう場合には歯ブラシのブラシ部分が硬いものがいいようで、

歯科でもらったやつは硬いし、ブラシがぎっしりつまっておらずスキっ歯。

 

なんじゃこれ?と言うかんじ。

 

だって硬いのは歯茎に悪いとか、ヘッドが小さ目がいいとか思っていたので、

ほんと口では説明が難しいのだけど変な歯ブラシなんです。

 

安いのでいいのですが(1本180円也)。

 

新潟市 歯医者で、歯ブラシでおすすめなのを、

もう一度聞いてみようかな。

 

ウェーブフロントアナライザーの導入により、それまで効果が無かった乱視でもレーシックで改善することた可能になり、快復後の視界もより鮮明にすることが可能になりました。

 

しかし、この「ウェーブフロントアナライザー」は、導入されたばかりである為に、

 

  * 日常生活では、昼夜の明るさの違いなどが異なる為、解析によって得られた情報が全ての環境にマッチしない。

 

  * 通常のレーシックより角膜を深く削ることになる場合があり、角膜が薄い場合、適用出来ない可能性がある。

 

  * 手術の前後でフラップの形状が変化する為、フラップによる誤差が完全に解消はされない。場合によっては、通常のレーシックと効果が変わらない場合もある。

 

  * 通常のレーシックよりも価格的に高くなってしまう。

 

  * 年齢による視力低下まではカバー出来ない。

 

上記のような幾つかの課題も残されています。

ケラトームレーシックやイントラレーシックと異なる点は、術前の角膜の解析とそれによるエキシマレーザーの照射方法です。

 

通常のレーシックでは、エキシマレーザーで角膜を削る際に均一に照射する為、削られる厚さも均一になります。

 

しかし、角膜の形状は1人1人異なっており、正確には凹凸もあります。その凹凸に合わせてエキシマレーザーの照射を変えるというのがウェーブフロントアナライザーの役割になります。

 

まず、手術前に角膜の形状を立体的に解析をして、その角膜の凹凸に合わせて削る角膜に深さをプログラムします。

 

そして、そのプログラムをエキシマレーザーに入力することで、その角膜の凹凸に応じた照射が可能になります。

 

このウェーブフロントアナライザーの導入により、それまで効果が無かった乱視でもレーシックで改善することた可能になり、快復後の視界もより鮮明にすることが可能になりました。

「ウェーブフロントレーシック」というのは、「ウェーブフロントアナライザー」という検査機を使ったレーシックの方法で、ケラトームレーシックとイントラレーシックのように手術法が異なるのではなく、これらのレーシックを更に精度を上げたものということが出来ます。

 

その為、ウェーブフロントアナライザーを使ったケラトームレーシックを「ウェーブフロント・レーシック」、ウェーブフロントアナライザーを使ったイントラレーシックを「ウェーブフロント・イントラレーシック」などと呼びます。

 

このウェーブフロントアナライザーをレーシックに使うことで、

 

 * 術後の光りのにじみの減少

 

 * ハロ現象、グレア現象などの副作用が出にくい

 

 * 乱視の矯正が可能

 

主にこういったメリットがあります。

レーシックを含む近視治療の起源は1930〜50年代にさかのぼるといわれています。

 

当時、順天堂大学の佐藤教授が、“角膜にメスで切りこみを入れることによって角膜のカーブを弱め、視力を矯正するという方法を行っていた”というのがレーシックの誕生だったと言われています。

 

しかし、当時の技術や設備では、術後に障害が起こることがあった為、日本では、その後の発展はありませんでした。

 

1995年のFDAの認可により急速に普及していったレーシックですが、世界では毎年100万人以上が手術をしているのに対し、日本では、わずかに5万人程度しか普及されていません。

 

その背後には、「手術は最後の手段であるべき」という医学会の考え方があるようですが、日本では、著名人のレーシック利用などの口コミにより、年々利用者が増えているようです。

様々なレーシックの基本となっているレーシックは「ケラトームレーシック」と呼ばれるもので、単に「レーシック」といった場合には、この「ケラトームレーシック」を指します。

 

この方法は、「マイクロケラトーム」というカンナ状の電動メスを使用する方法で従来から普及している為、最も実績が多い方法です。

 

近年の機械は、精度が高く、マイクロケラトームを使った手術でも安全性が極めて高くはなっていますが、問題点もあります。

 

マイクロケラトームを使ったレーシックの場合、機械の精度が非常に重要になってきますが、それと同様に、執刀医の技量にも大きく左右されるという問題点があります。

 

また、フラップのエッジも大きな問題点の1つになっています。

 

フラップの吸着が強ければ何の問題もなく治癒することになり、治癒するに従って段差も無くなるようですが、吸着が弱い場合には、まばたきを繰り返すことで、段差がきっかけとなり、治癒する前にフラップがずれてシワなどになる可能性が生まれてしまいます。

最新ニュース

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 美容皮膚科
  • 銀座スキンクリニック
  • 脱毛ラボ

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME レーシックの基本 レーシックの歴史 ウェーブフロントレーシック ウェーブフロントアナライザー 今後の課題